formats

特別講義の案内

Published on September 30, 2014 by in News

Lab meetingの勉強会で、外部講師による特別講義は下記の通り予定されています。
興味のある方は、奮ってご聴講下さい。
・日時:10月14日(火) 13:10-14:40
・場所:研究棟325-F
・講師:創価大学名誉教授 伊藤 佑子先生
・題目:「論文の書き方」

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 特別講義の案内  comments 
formats

平成26年度秋季学位記授与式

Published on September 30, 2014 by in News

平成26年9月19日(金)に平成26年度秋季学位記授与式が行われました。

張 凡 (Fan Zhang)さんは、修士課程を修了しました。

ご卒業おめでとうございます。

ceremony2014

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 平成26年度秋季学位記授与式  comments 
formats

LE2014シンポジウムOS共催と成果発表

Published on September 19, 2014 by in Activity

日本計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門による主催、日本人間工学会による協賛の「ライフエンジニアリング部門シンポジウム2014」は、2014年9月17日(水)〜19日(金)の三日間にわたって金沢大学鶴間キャンパス保健学類4号館に開催された。
陳先生は「ユビキタスヘルスケアシステム―無意識計測あるいはウェアラブルセンサでどこまで健康管理が可能か―」のOrganized sessionを共催し、最新の研究結果「Pervasive Monitors for Daily Measurement of Biomedical Information」を発表した。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on LE2014シンポジウムOS共催と成果発表  comments 
formats

福島医科大学で大学院講義

Published on September 3, 2014 by in Activity

福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座において、平成26年度総合人間学特論の講師として福島医科大学で講義を行います。

日時: 2014年9月25日(木)15:00-18:00
名前: 陳 文西教授 / 朱 欣准教授
講演場所: 福島医科大学

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 福島医科大学で大学院講義  comments 
formats

Congratulations! 1708-2014 – IEEE Standard for Wearable Cuffless Blood Pressure Measuring Devices was approved.

Published on September 1, 2014 by in News

This standard is approved on Aug. 26 2014 and aims to establish objective performance evaluation of wearable, cuffless blood pressure (BP) measuring devices.
The standard is applicable to all types of wearable BP measurement devices that have different modes of operation (e.g., to measure short-term, long-term, snapshot, continuous, beat-to-beat BP, or BP variability).
Prof. Chen et al’s paper “Continuous estimation of systolic blood pressure using the pulse arrival time and intermittent calibration,” was cited in its bibliographical references that provide additional or helpful material.

Please visit IEEE STANDARD ASSOCIATION for more details.

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
1 Comment  comments 
formats

Open Seminar

Published on August 18, 2014 by in News

Visiting professorのOpen Seminarは下記の通り予定されています。
興味のある方は、是非ご聴講下さい。

Date: Aug. 25, 2014
Time: 16:30-18:00
Place: S9
Name: Ping Zhou(Jinan University, China)
Topic: Power Spectral Entropy in the ECG of Patients Suffered from Nocturnal Frontal Lobe Epilepsy

Abstract:
An explorative study to assess the regularity of nocturnal frontal lobe epilepsy’s sleeping disease patients with power spectral entropy and power spectral entropy change in the different sleep stages is proposed. We analyzed the ECG data from 20 subjects, including 10 patients with nocturnal frontal lobe epilepsy’s sleeping disease and 10 healthy subjects. The ECG data is obtained from PhysioBank CAP Sleep Database. The first step is to estimate the ECG power spectra. Then the power spectra are divided into six sub-bands. The final step is to analyze each sub-band power spectrum entropy. In comparison with the results obtained from the control group, power spectral entropy in the patients suffered from nocturnal frontal epilepsy is smaller in the frequency bands of 4Hz-8Hz, 8Hz-20Hz, 20Hz-64Hz. Further, the patients’ power spectral entropy in the band of 4Hz-8Hz is smaller than that in 1.5Hz-4Hz. The ECG of nocturnal frontal lobe epilepsy’s sleep disease patients has different information entropy. The entropy decrease in nocturnal frontal lobe epilepsy states indicates that the complexity of the heart falls and the normal physiological functions are affected. We can draw a preliminary conclusion that the main frequency band reflecting nocturnal frontal lobe epilepsy is 4Hz-8Hz.

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on Open Seminar  comments 
formats

平成26年度秋季修士論文発表会

Published on August 15, 2014 by in News

秋季修士論文発表会は下記の通り予定されています。
興味のある方は、是非ご聴講下さい。

日時:8月25日(月)11:00-11:30
名前:張 凡 ZHANG, Fan 
場所:M11

Title: 老人ホーム高齢者の睡眠品質の自動モニタリング
Automatic Monitoring of Sleep Quality for Elderly Residents in Nursing Homes

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 平成26年度秋季修士論文発表会  comments 
formats

オープンラボ2014(夏ステージ)無事終了

Published on August 10, 2014 by in Activity, News

8月10日(日)に行われたオープンラボは、無事終了しました。
ご家族連れ、高校生と本学学生を含む総数‏44名の方々が訪れ、成果展示パネルを閲覧しながら生体情報計測の実体験をしていただきました。
また、研究についてはもちろんのこと研究室の雰囲気や学生生活・受験対策などについても質問を受け答えさせていただきました。
これを機会に、私たちの研究や研究室に興味を持っていただけたら幸いです。
ご来場いただきありがとうございました。

夏ステージに続き、10月11日(土).12日(日)の2日間秋ステージを開催予定ですので、今回来ることができなかった方々は是非いらしてください。
オープンキャンパス(秋ステージ)に皆様のご来場を待ちしております。

OpenLab2014

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on オープンラボ2014(夏ステージ)無事終了  comments 
formats

オープンラボ2014(夏ステージ)

Published on July 31, 2014 by in News

下記の日程で研究室公開を予定しています。皆様のご来場をお待ちしています。

陳 文西教授の研究テーマ:ユビキタス時代の生体計測と健康管理
朱 欣准教授の研究テーマ:生体信号処理及びコンピュータシミュレーション

日時:8月10日(日)10:00~15:00(休憩時間 12:00-13:00)
場所:研究棟325F

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on オープンラボ2014(夏ステージ)  comments 
formats

創造工房セミナーのお知らせ

Published on July 28, 2014 by in News

学部課外活動教育の一環として、創造工房セミナーの外部講師による特別講義は下記の通り予定されています。
興味のある方は、是非ご聴講下さい。

・日時:7月31日(木) 14:00-17:00
    8月 1日(金) 14:00-17:00
・場所:研究棟325-F
・講師:有限会社君塚製作所 代表取締役  君塚 泰彦様
・題目:Critical Issues on Database Server Array for Bioinformation Application
    - Peformance and Implementation in “Umemory” System –
・要旨:
The first day:about performance & security for OpenSource RDMS System in “Umemory System”.
The second day:about implementation for Big Data application in biomedical information system.

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 創造工房セミナーのお知らせ  comments 
© All rights reserved by BIT lab, Univ of Aizu
credit