Home Activity オープンラボ(2017年)秋ステージについて
formats

オープンラボ(2017年)秋ステージについて

Published on October 2, 2017 by in Activity

下記の日程で研究室公開を予定しています。皆様のご来場をお待ちしています。

・日時:10/7(土) 10:00-15:00(12:00-13:00休憩)/ 10/8(日) 10:00-14:30(12:00-13:00休憩)
・場所:研究棟3F 325-F

<陳 文西教授の研究テーマ>
日常健康管理のための生体情報のシームレスモニタリングと総括的な解析

(1)ユビキタス時代の社会情勢と生活環境にふさわしい生体情報をシームレスに計測する研究開発成果の紹介
(2)有効なデータマイニング手法を用いて長期に亘って蓄積してきた様々な生体情報を総括的に解析し、日常健康管理に応用する実例の紹介

<朱 欣上級准教授の研究テーマ>
生体信号処理及びコンピュータシミュレーション

(1)生体信号・医療画像処理研究成果の展示
(2)心電図データ収集および処理、脳波の計測及び認識のデモ

—————————————————————————————————
・日時:10/7(土) 13:00-15:00 / 10/8(日) 10:00-12:00
・場所:研究棟3F 326-A

<久田 泰広准教授の研究テーマ>
電波で見る地球(湿原環境と地殻変動)

日本が誇る観測衛星ALOS1・2は、マイクロ波を照射し、地上での反射を捉える合成開口レーダ(PALSAR)を搭載しており、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源探査などへの利用を目指しています。衛星レーダは、地域・天候に左右されず、夜間や積雪期の観測も可能で、足を踏み入れることが困難な湿原全体の観測に適しています。また、2つの時期のデータを干渉処理することで、cmオーダーの地殻変動を捉えることも可能になっています。その他、現地調査で行なったドローンによる空撮映像も紹介します。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on オープンラボ(2017年)秋ステージについて  comments 
© All rights reserved by BIT lab, Univ of Aizu
credit