Home Articles posted by Mashiko (Page 7)
formats

知的財産に関する特別講演

Published on July 28, 2015 by in News

特別講演は下記の通り予定されています。是非ご聴講下さい。 日時:8月3日(月) 10:40~12:10 場所:325F 講演者:会津大学知的財産管理部門の元顧問、重田暁彦先生 テーマ:知的財産に関する内容 1. アイディアから特許へのステップ 2. 特許出願書類作成のノウハウ 3.「知的財産」ビジネス最前線 4. ヒット特許の実例紹介 5. 特許トラブルの回避 6. 特許の申請について  

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 知的財産に関する特別講演  comments 
formats

西会津町 老人ホーム視察見学について

Published on July 11, 2015 by in Activity

西会津しょうぶ苑 の老人ホームを視察見学してきました。 御協力いただいた施設の皆様、ありがとうございました。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 西会津町 老人ホーム視察見学について  comments 
formats

セミナー情報

Published on July 7, 2015 by in News

大学院創造工房教育の一環として、外部講師による特別講義は下記の通り予定されています。 ご聴講下さい。 ・日時:2015年7月9日(木) 15:00-18:00     2015年7月10日(金) 9:00-12:00, 14:00-17:00  ・場所:研究棟325-F ・講師:福岡大学 医学部 教授 井上隆司 ・テーマ:不整脈発生機転におけるTRPMファミリーの役割のシステム生理学的解析 ・概要: TRPチャネルスーパーファミリーは、進化上極めて古い起源を有し、種々の物理化学刺激に応答するCa/Na透過型陽イオンチャネルである。このチャネルの活性化には、(1)受容体アゴニスト・脂質メディエータ・活性酸素種等の生理活性物質、(2)機能性食品・環境汚染物質等に含まれる化学物質、(3)環境の温度、酸性度の変化、(4)細胞膜の伸展・牽引・ずり応力、浸透圧変化による細胞膨張・収縮等の機械刺激など、細胞内外微小環境の恒常性維持に影響する多くの因子が含まれている。このため、種々の生体機能の発現・制御やその破綻による病態形成の諸過程に密接に関わっていると考えられている。本講義シリーズでは、心血管系に発現するTRPチャネルのうち、心リモデリング時に発現が著増し、新しい不整脈の基質として注目を集めているTRPM4、TRPM7チャネルに焦点を当て、電気生理学的解析に基づいたシステム生理学的解析の成果について紹介する。また、講演内容の理解を促進するための準備として、パックランプ法を用いた電気生理学的解析法の開発の経緯や生体機能研究への応用例に関する解説も行う。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on セミナー情報  comments 
formats

西会津町 老人ホーム見学ツアーのお知らせ

Published on June 26, 2015 by in Activity

以下のとおり、西会津町にある老人ホームを視察見学することになりました。 ご都合のよい方は、是非ご参加ください。 —————————————————- 開催日:2015年7月11日(土) 09:30           会津大学出発 09:40-10:10     会津若松IC→西会津IC 10:30-11:30     グループホーム西会津しょうぶ苑 桐・おとめゆり 見学 11:45-13:30     ロータスイン(さゆりオートパーク)でランチョンセミナー 13:45              ロータスイン出発 13:55-14:20     西会津IC→会津若松IC 14:30                会津大学到着 —————————————————-

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 西会津町 老人ホーム見学ツアーのお知らせ  comments 
formats

セミナー日程変更について

Published on June 25, 2015 by in News

6/11に予定しておりました戸川先生の特別講義は、以下のとおりに変更になりました。 是非ご聴講下さい。 ・日時:2015年7月23日(木) 16:30-18:00 ・場所:研究棟325-F ・講師:早稲田大学人間総合研究センター 客員研究員 戸川達男先生 ・題目:長寿社会の未来

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on セミナー日程変更について  comments 
formats

セミナー情報

Published on June 22, 2015 by in News

学部SCCP教育の一環として、外部講師による特別講義は下記の通り予定されています。 ご聴講下さい。 ・日時:2015年6月25日(木) 16:30-18:00 ・場所:研究棟325-F ・講師:東京電機大学 情報環境学部 助教 酒井 元気 ・テーマ:閉塞性睡眠時無呼吸症候群スクリーニング技術のこれまでと未来

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on セミナー情報  comments 
formats

セミナー情報

Published on June 10, 2015 by in News

福島県立医科大学会津医療センター付属病院から講師を招いて糖尿病等患者向けの食事療法 についてセミナーを行ないます。 聴講希望の方は久田先生までご連絡をお願いします。 ・日時: 6月25日(木曜日)、5限(16:30-) ・場所: 小講義室S6(研究棟2階西側) ・講師: 福島県立医科大学 会津医療センター附属病院      栄養管理部 栄養管理室長 久田和子 ・タイトル:自己管理能力を高める栄養指導のポイント

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on セミナー情報  comments 
formats

就職活動情報(OB研究室訪問)

Published on June 9, 2015 by in News

当研究室に所属していたOBの野崎さん・高野さんがリクルーターとして来学予定です。 お二人はリコーテクノロジーズ株式会社に勤めており、リクルート活動の一環として当研究室を訪問して、会社説明や仕事内容について話をしていただく予定です。 就職活動に関して質問もできますので、来年から就職活動を行う3年生、今現在も就職活動をしている4年生も是非ご参加ください。 【日時】2015年6月19日(金) 14:50~15:50 【場所】325-F 【会社名】リコーテクノロジーズ株式会社 東北事業所  【訪問者】野崎旭様 高野孝輔様

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 就職活動情報(OB研究室訪問)  comments 
formats

6/11のセミナーについて

Published on June 9, 2015 by in News

6月11日(木)16:30-18:00 「ベンチャー体験工房」で戸川先生による特別講義は、日程変更となりました。 日程が決まりましたら、改めてお知らせいたします。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on 6/11のセミナーについて  comments 
formats

セミナー情報

Published on May 21, 2015 by in News

学部課外活動「ベンチャー体験工房」教育の一環として、外部講師による特別講義は下記の通り予定されています。 興味のある方は、是非ご聴講下さい。 ・日時:2015年6月11日(木) 16:30-18:00 ・場所:研究棟325-F ・講師:早稲田大学人間総合研究センター 客員研究員 戸川達男先生 ・題目:長寿社会の未来 ・要旨  楽観的な予想では、世界の総人口の増加が今後100年くらいで止まり、その後出生率がほぼ2.0となって、さらに100年以上経過して、人口に占める年齢分布が平均寿命近くまでほぼ平坦となると言われる。それまでの過渡期をどう乗り切るかは切実な問題には違いないが、未来の長寿社会像を描くならむしろ200年か300年後以降を考え、そこにぜひとも実現したい魅力的な姿を描くことができなければ、人類に明るい未来を期待することはできない。更に、魅力的でしかも実現可能な長寿社会像を描くこと自体、既存の知識をはるかに超える知恵を必要とする難題であり、問題を認識すること自体がまだ手つかずの段階にあって、その解決にはこれまでかつてなかった超長期にわたるビッグサイエンスを必要とするに違いない。そこに希望があるとすれば、それは問題の難度の高さであり、難度が高ければ高いほどチャレンジャーにとっては大きな魅力となることが期待できる。高々120年くらいの人間の最長寿命の数倍よりも先にある、魅力にあふれる長寿社会の未踏峰を垣間見ることができるいま、そこに到達するためのルートを見出さないかぎり人類に未来はない、というのは誇張ではなく、むしろ起りそうな結果である。今回の講演から、「長寿社会の未来」という一見平凡なテーマの中にある、問題の難度の高さと、その難度に見合う魅力を感じ取っていただけることを期待したい。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off on セミナー情報  comments 
© All rights reserved by BIT lab, Univ of Aizu
credit